庭先で蜂をよく見かけたら注意が必要~すぐに蜂の巣退治を行なう~

蜂の巣退治をするには、蜂がどこに巣を作りやすいのか知る事が大切 蜂の巣退治をするには、蜂がどこに巣を作りやすいのか知る事が大切

住宅周辺でよく蜂を見かける場合は注意が必要です

ハチ

自分の住宅の庭などで、蜂が頻繁に飛び回っているのを見かける場合は、近くに蜂の巣が作られている可能性が高いです。まずは蜂の行方を追ってみて、巣のある場所を確認してみるとよいでしょう。

蜂はこういった特徴を持つ場所に巣を作ります

  • 雨や風をしのぐことができ、巣が濡れることのない場所
  • 近くに餌を回収できる場所があり、効率良く子育てを行なうことができる場所
  • 狭くて閉鎖的であり、天敵から巣の存在を隠すことができる場所
  • ※木の上や幹の中などに巣を作るのが一般的です

住宅周辺で蜂が巣を作る場所

室外機や排水口などの近く
アシナガバチは普段私たちから見えづらい場所に巣を作る傾向があり、室外機の中や排水溝の中に巣を作ります。そのため、巣が大きくなるまで気が付かないことがあります。
天井裏や屋根裏
天井裏や屋根裏というのは、風が通りにくく雨をしのぐため、蜂が好む条件が揃っています。そのためキイロスズメバチやミツバチといった蜂たちが巣を作りやすい場所といえます。
軒下や床下
床下や軒下を普段見ることは少ないので、気が付いたときには巣が巨大化していることもあります。このような場所も風雨をしのげるので、キイロスズメバチやミツバチが巣を作ってしまいます。

まとめ

こういったような場所には、蜂が好む環境が整っており、巣を作るのに適しています。万が一こういった場所で蜂の巣を発見した場合には、近づいてしまうと危険が生じるので、巣に近づかないようにしましょう。

屋根裏や床下は蜂の巣退治を行なうのが非常に困難です

床下や屋根裏などの場所には、他の場所に比べてスペースが非常に狭く、蜂の巣が作りやすい構造になっています。そのため蜂の巣を発見したころには、もうすでに巣が巨大化していることがあります。

蜂は通気口や隙間を使って屋根裏に侵入します

ハチの巣

建物の2階の、屋根と壁が交差する通気口から侵入し、天井裏に蜂の巣を作っていることがあります。このような場合は通気口などから侵入し、巣作っている可能性が高いです。こういった状態はよくあるので注意が必要です。

床下で蜂の巣を封じ込めるのは危険です

床下で蜂の巣を見つけた際に、侵入口はある程度予測することが出来ます。そのような場所を網やガムテープを使って侵入経路を防ぐという手段もありますが、巣は撤去されていない上に蜂もそのままなので、また新たな侵入経路を確保する可能性が高くあまり意味がありません。閉じ込めている間に巣が巨大化している恐れもあります。

まとめ

このような閉鎖的な空間である屋根裏や床下には自由に身動きがとりため、蜂の巣退治がとてもやりにくいです。蜂の巣を発見した時は自分で駆除を行なわず、駆除業者に蜂の巣退治の対応を依頼するのが最も安全で最適と言えるでしょう。

TOPボタン